ボディクリーム

ボディ用の保湿アイテムとしてクリームの選び方を解説!効果的な使用方法についてもふれています。

ボディ用の保湿アイテム・クリームの選び方

ボディ用の保湿アイテム・クリームの選び方

保湿クリームを選ぶとき、いったいどの製品がいいのか悩んでしまって決められないという場合もありますよね。

パッケージや成分表示だけでは使い心地がいまいちわからず困惑することも。

保湿成分も製品ごとに採用されているものや配合量が違っていますし、水分量の多いもの、油分の多いものなどさまざま。

保湿クリームを選ぶときにはサンプルを活用し、なるべく自分の肌に合うかどうかを確かめてみることが大切です。

特にクリームは製品によって水分油分の量に大きな違いがあるので、乾燥肌の人からすると水分量の少ないクリームには潤い力を感じられなかったり、オイリー肌の人であれば油分の多いクリームはベタベタすると思う人もいるかもしれません。

配合されている保湿成分で選ぶのであれば、細胞間脂質と同じ保湿成分のセラミドがオススメ!

セラミドは細胞間脂質の4割を占める成分で非常に保湿力に長け、乾燥が酷いときのケアに特にぴったりです。

また、大豆エキスに含まれる大豆レシチンは肌への浸透力が高く、すみずみまで保湿するのでこちらの成分も同じくオススメです。

保湿におすすめのボディクリーム

おすすめのボディクリームを紹介します。

ケアセラ 高保湿ボディクリーム(100g/オープン価格)

ケアセラ 高保湿ボディクリーム

天然型マルチセラミド、3種類の植物エキスなど、こだわりの保湿成分を配合しています。

肌なじみの良い柔らか目のクリームで、お肌にのびていきます。

シリーズ商品として、ボディウォッシュ、乳液もあり。

and D.E.L.O.N ボディバター(196g/1,296円)

and D.E.L.O.N

カナダ生まれのボディケアブランド、アンドデロンのボディバターです。

フレーバーは16種類。香りのほか、肌質でも選べるようになっています。

お風呂上りに、手で軽くプレスしながらなじませるのがポイント。

手に残ったバターは、髪の毛になじませてもOKです。

シダコスジャパン カカトエステ(30g/2,500円)

シダコスカカトエステ

大豆レシチンを配合したかかと専用のクリーム。

分厚く堅くなってしまったかかとの角質まで成分が浸透して、柔らかくしてくれます。

すべて食用としても使える成分を使っているので、お肌の弱い方でも安心。

ボディクリームの使い方

保湿クリームをボディに使うのであれば断然お風呂上がり!

入浴後は肌からどんどん水分が蒸発してしまいますから、保湿クリームによる潤いと油性の保湿成分の補給は欠かせません。

お風呂から出たらサッとタオルで水分を拭き取り。まだ肌が潤っているうちに素早くクリームを塗って潤いを封じ込めます。

体が温まっていればクリームの伸びも良く、毛穴が開いているから油性の保湿成分の浸透力も高まります。

保湿化粧水10品徹底検証
イプサ / ザタイムリセットアクア
ザタイムリセットアクア
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
SK-II / フェイシャルトリートメントエッセンス
フェイシャルトリートメントエッセンス
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
サイクルプラス / エンリッチローション
エンリッチローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
ディセンシア / アヤナスRCローション
アヤナスRCローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
dプログラム / モイストケアローション
モイストケアローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!

他の保湿化粧水の情報も見る

基礎化粧品カタログ
髪の保湿基礎知識
人気化粧水の使い比べはこちら ホントに保湿力があるのは?