化粧水

乾燥肌や敏感肌とはそもそもどんな肌の事を言うのでしょうか?
ここではそれぞれの症状や原因、予防対策の他にどんな化粧水が最適なのか、おすすめのアイテムを紹介 します。

あなたのお肌を守るための予備知識としてしっかり身に付けておきましょう。

乾燥肌に関する解説

乾燥肌ってどんな状態のこと?

乾燥肌とは、角質層の水分量が少なくなっている状態のこと。水分量が約30%以下になった状態のことを、乾燥肌と言います。

人の肌には、水分量を適切に維持するための機能が、もともと備わっています。セラミドや天然保湿成分(NMF)、皮脂膜などです。
これらの機能が、なんらかの理由で正常に働かなくなると、水分量がみるみる減ってしまいます。
水分量が減ると肌のバリア機能が低下して、乾燥肌と総称されるさまざまな症状を発症してしまいます。

乾燥肌になるとどんなトラブルが起こるの?

乾燥肌がもたらすトラブルのうち典型的なものは、肌のカサカサ、粉吹き、ひび割れ、かゆみ、肌荒れなどです。
こうした典型的な症状に隠れて、さらに深刻なトラブルが進行しているケースもあります。
たとえば、ニキビの悪化。乾燥肌は雑菌にとって天国なので、ニキビなどの炎症が治りにくくなります。

また、乾燥による肌の弾力性の低下が原因でシワも深くなります。あるいは、肌のバリア機能の低下から、シミのできやすい状態になるこ ともあります。

乾燥肌の原因は?

肌の乾燥を招く要因は、すべて乾燥肌の原因になります。
たとえば季節。特に冬は乾燥を招きやすい季節です。

また、過度なエアコンの使用も乾燥肌の原因。長時間エアコンに晒されていると、肌は乾燥しやすくなります。
ほかにも、洗顔のし過ぎや、肌に合わないスキンケア、睡眠不足、食習慣など、様々な要因が乾燥肌の原因となります。

こうして肌が乾燥すると、保湿成分の三大要素である細胞間脂質・天然保湿因子・皮脂膜が正常な働きを停止し、結果、様々なトラブルを 引き起こす乾燥肌となるのです。

乾燥肌の予防法・対策法は?

乾燥肌の予防法で一番大切なのは、「洗顔のときにこすり過ぎない」ということ。
強い洗浄成分の洗顔料などでゴシゴシとこするのは絶対NGです。天然保湿成分がどんどん流れてしまいます。

また、適切な保湿スキンケアも大切。化粧水、乳液、クリームなど、刺激の少ないものを適切なタイミングで使用しましょう。
ほかにも加湿器の使用、十分な睡眠、バランスの取れた食習慣、ストレスの解消などが乾燥肌予防に大事です。

敏感肌に関する解説

敏感肌ってどんな状態のこと?

敏感肌とは、ちょっとした刺激にも過敏に反応してしまう肌のこと。
肌のバリア機能が弱くなっているときや、アレルゲンに反応しやすいときなどに、敏感肌になることがあります。

敏感肌を招く主な原因に、乾燥肌があります。肌の保湿成分が抜け出してしまい、表面がカラカラに乾いてしまう 状態です。
乾燥肌の状態になると、肌を守るバリア機能が下がります。その結果、本来は反応しないような小さな刺激にも過剰に 反応してしまうことになるのです。

敏感肌になるとどんなトラブルが起こるの?

赤み、かゆみ、腫れ、湿疹、炎症などが敏感肌の主なトラブルです。
赤みや腫れなどであれば、外見は少々気になるものの基本的には放置できます。

問題は、かゆみ、湿疹、炎症です。つい反射的に症状を緩和させたくなってしまい、無意識で患部を掻いてしまいます。
すると、肌のバリア機能はますます壊れ、症状をさらに悪化させます。
この悪化スパイラルによって、やがてアトピー性皮膚炎にも似た症状へと進んでいきます。

敏感肌の原因は?

敏感肌の主な原因は乾燥やアレルゲンですが、もう少し厳密に見てみると、ほかにも色々な要素が原因となっていることが分かります。

大きく分けると、内的要因と外的要因の2つになります。
内的要因では、タンパク質など必要成分の不足、内臓の機能低下、便秘、ホルモンバランスの乱れ(生理前など)、睡眠不足、ストレス、ア トピー体質など。
外的要因では、乾燥、洗顔のし過ぎ、誤ったスキンケア、温度の変化、紫外線、特定の金属などです。

敏感肌の予防法・対策法は?

敏感肌の予防法は3段階が基本です。
1つ目が洗顔方法の見直し。刺激の少ない洗顔料を選び、泡をたくさん立てて優しく肌を包むように洗います。
ドライのときは、タオルでこすらず、肌に押し当てるようにしてください。

2つ目が保湿。洗顔後は間髪入れずに保湿ケアを。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿成分を含んだ基礎化粧品が理想です。

3つ目が生活習慣の見直し。毎日十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

保湿化粧水の役割について

保湿化粧水が大事なワケとは?

乾燥肌や敏感肌にならないための対策として重要なのが保湿。保湿方法の中でもっとも有効なのが、保湿化粧水の使用です。

意外かも知れませんが、もともと化粧水は保湿を目的としたものではありません。洗顔によって無防備になった肌を保護したり、状態を整 えたりするのが目的でした。
そこにオプションとして加えられたのが保湿効果。
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿に有効な成分が配合されたのが保湿化粧水です。

洗顔後の肌は、バリア機能が低下した無防備な状態。
言い換えれば、どんな成分でも吸収してしまう状態。この高い吸収性が維持されている間に、保湿化粧水をしっかり塗れば、乾燥肌や敏感肌 の最大の原因である「乾燥」を撃退することができるわけです。

肌の保湿力を高める成分は?

肌の保湿維持のために特に有効な成分は、まずセラミドです。
セラミドは角質層に多く存在する成分で、肌のうるおいを保つ主役とも言えます。ヒアルロン酸も有名ですね。
ヒアルロン酸1gで水6リットルもの保水力があると言われるほどです。

また、コラーゲンも大事。コラーゲンの種類は30以上も確認されているのですが、中でもⅠ型コラーゲンの高い保湿力が知られています。
ほかにも、プロテオグリカンなど、いくつかの有名な保湿成分があります。
以上は天然成分でもあり、もともと肌の中に存在する成分です。

一方、肌の中には存在しない化学合成の保湿成分としては、エチルヘキサン酸セチルが知られます。
肌を柔らかくしつつ、適度な水分量を与える効果がある成分です。

保湿成分の高い化粧水の選びのポイント(乾燥肌・敏感肌)

乾燥肌さんの保湿化粧品選びのポイント

「潤いを与える」ではなく、「潤いを維持する」という発想をベースに化粧品を選びましょう。
使用感は大事ですが、保湿力が維持されなければ意味がありません。

潤いを維持する成分として代表的なものが、まずはセラミド。肌表面で水分が蒸発するのを防ぎます。
次にヒアルロン酸とコラーゲン。成分自体が多くの水を抱え込んで保持する働きがあります。

これら成分が、単に「含まれている」というだけではなく、「どのくらいの量が含まれているか」という点に注目して保湿化粧品を選んで みて下さい。

敏感肌さんの保湿化粧品選びのポイント

刺激成分が含まれておらず、なおかつ、肌のバリア機能を強くする成分が含まれているものが理想。
アルコール、パラペン、界面活性剤などは刺激成分。逆にセラミドなどは、バリア機能を強化する成分です。

なお注意点ですが、天然成分100%だからと言って刺激がないわけではないので要注意。
極端な例ですが、ウルシや銀杏は天然でも肌への刺激が強烈です。

候補となる化粧品は、買う前にかならず肌で試してみて下さい。
腕の内側から首といった具合に、だんだん顔に近づけていき、問題がなければ顔にも付けてみましょう。

おすすめの保湿化粧水

乾燥肌・敏感肌の人におすすめの化粧水を、それぞれ3種類ずつ紹介します。ご自身に合った化粧水を比較検討してみてください。
あわせて、効果的な化粧水の使い方の基本を説明します。少しコツを抑えるだけでも、化粧水の効果は全然違ってきますよ。

乾燥肌の方におすすめしたい保湿化粧水3選

乾燥肌の方にぜひ使ってみてほしい、保湿化粧水を3つ紹介します。

サイクルプラス エンリッチローション(80ml/3,067円)

サイクルプラス エンリッチローション

高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)と4種のヒアルロン酸配合。

付けると肌はしっとりした状態で長い時間潤いがキープされます。

化粧水ですが、これだけ塗ればそのあとの乳液やクリームはたぶん使わなくてもOK!

肌に不要な成分は一切はいっていないので安心して使える、管理人のイチオシです。

使用レポートを見る>>

ドモホルンリンクル 保湿液(120ml/5,400円)

ドモホルンリンクル

大小分子サイズの異なるヒアルロン酸配合で、皮膚の各層全体がまんべんなく潤うようにできています。

2度付けがするのでコスパはあまり良くないですが、1度だけのときよりも吸収力と持続力ともにアップします。

使用レポートを見る>>

ヒフミド エッセンスローション(120ml/3,240円)

ヒフミド エッセンスローション

セラミド配合の化粧水。

2度付けが推奨されていますが、肌に付けるととてもなじみが良く、1度だけでも十分潤いが感じられる製品。

潤い成分がしっかりと浸透するから時間が経ってもしっとり感が失わられず保湿効果も高いです。

使用レポートを見る>>

乾燥肌の化粧水の使い方

  • 化粧水は、コットンではなく手に取ります。コットンを使うと、無意識で肌に摩擦を与えてしまうからです。
  • 手のひらで化粧水を広げて、顔全体へ均等になじませます。モレがないよう、全体にしっかりと塗ってください。
  • その後、化粧水を肌に浸透させるイメージで、両手で顔を包み込むようにします。
  • 乾燥肌の人は、洗顔後の5分が勝負。かならず洗顔5分以内に保湿化粧水をなじませてください。
    中には1分以内という説もあるくらいです。乾燥肌対策は、スピード勝負なのです。

敏感肌さんにおすすめの保湿化粧水3選

敏感肌さんにぜひ使ってほしい、保湿化粧水を紹介します。

サイクルプラス エンリッチローション(80ml/3,067円)

サイクルプラス

テクスチャがサラッとしていて、わずかに粘りを感じます。

ビタミンC誘導体が配合されているから付けた瞬間に特有のベタつきがありますが、肌に吸収されてしまうと潤いを保ちつつ表面はサラサラに。

肌への刺激は全くなく安全に使えます。

化粧水と美容液の間のようなスキンケア製品。

使用レポートを見る>>

SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス(75ml/8,400円)

SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス

90%以上が天然成分でできた化粧水。

肌荒れを防いで肌本来の働きを整えるトリートメント効果があります。

刺激はなく、敏感肌の人でも安心して肌に付けられる優しい使い心地です。

使用レポートを見る>>

POLA モイスティシモ ローション(125ml/4,860円)

POLA モイスティシモ ローション

低刺激性、無着色、アレルギーテスト済みということで安心して使えます。

見た目ではとろみがありますが肌に伸ばすととたんにサラッと変化してなじみがいいです。

浸透性も予想以上に高く、肌にスルスル吸収されていきます。

使用レポートを見る>>

敏感肌の化粧水の使い方

  • 化粧水の量を少な目に使います。推奨量の1/2~1/3程度が良いでしょう。
  • 手のひらで伸ばしながら少し温めた後に、顔全体へなじませます。
  • その後、両手を使って顔全体を10秒~20秒ほど包み込むように。目元や口元は、特に念入りにやりましょう。
  • 敏感肌の人は化粧水をつけ過ぎず、なおかつ、こすらないことがポイント。
    化粧水の量が多いと、その水分が蒸発するときに、肌の中の大事な水分まで一緒に蒸発させてしまいます。
    また、肌へ刺激を与えないためにも、こするのは禁物です。
保湿化粧水10品徹底検証
イプサ / ザタイムリセットアクア
ザタイムリセットアクア
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
SK-II / フェイシャルトリートメントエッセンス
フェイシャルトリートメントエッセンス
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
サイクルプラス / エンリッチローション
エンリッチローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
ディセンシア / アヤナスRCローション
アヤナスRCローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
dプログラム / モイストケアローション
モイストケアローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!

他の保湿化粧水の情報も見る

基礎化粧品カタログ
髪の保湿基礎知識
人気化粧水の使い比べはこちら ホントに保湿力があるのは?