保湿化粧水はたくさんつけた方が効果アリ?適量は?

化粧水の1回あたりの使用量の目安に悩んだことはありませんか?「適量を手に取る」「500円玉大」などと書かれていても、実際に手に取る量は人によって様々。ここでは、化粧水の適量について解説するとともに、便利なメモリ付きの化粧水を紹介します。

化粧水は1回あたりどれくらい塗れば良いの?

保湿化粧水を付けるとき、ついバシャバシャとたくさん付けてしまいたくなることもあります。実際、化粧水の使い方のポイントとして、なるべくたくさん使うのが良いとの説明もあり、それを信じて規定量よりも多めに付ける人もいますね。

化粧水は多く塗ることでのマイナスはとくにないのですが、多く塗ったからと言って、それだけ保湿効果が高まるというわけではありません。少ないよりはマシ、といった程度に考えておきましょう。

それぞれの化粧水の使用の目安をよく読んで塗るのが一番。500円玉大などといった表記がありますよね。この通りにやるのが、もっともコスパが良いと考えてください。面倒でなければ、規定量を 2~3回に小分けして塗るのが浸透力も高まり効果的。時間に余裕のあるときは試してみてくださいね。

化粧水を塗るときのちょっとしたコツ

化粧水は、塗るタイミングがとても大事。洗顔後、すぐに塗るのがコツです。洗顔後は、肌が急速に乾燥していきます。乾燥すればするほど、お肌への負担がかかってしまいますので、その前に化粧水をつけて乾燥を防いでしまうようにしましょう。具体的には、洗顔後1分以内。それが理想と言われています。とくに家中の空気が乾燥している冬場は、洗顔したらすぐに化粧水を塗るクセを付けましょう。

また、注意事項として、化粧水を塗った後にお肌を何度もパッティングするのは良くありません。パンパンと数回たたく程度なら問題ありませんが、何度もたたくと顔の毛細血管を傷めてしまうこともあります。毛細血管の中には、血液によって運ばれる大事な栄養素や酸素が含まれており、これらもまた保湿には大事な働きをします。パッティングの回数は適度にしておきましょう。

1週間ごとの使用量メモリが便利!

使用する化粧水の適量について、ちょっと自信がないという人もいますよね。500円玉大とは言っても、手に取る実際の量は、人によってぜんぜん違うでしょう。コスパを考える上では、多すぎても少なすぎても良くありません。そこでお勧めなのが、メモリの付いた化粧水。とはいえ、1回ごとの細々したメモリに合わせて適量を手に取るのは至難の業です。

そこでナイスアイディアな商品として紹介したいのが、ナリスから発売されているCYCLE PLUS(サイクルプラス)。ボトルには1週間ごとの使用量のメモリが付いているので、毎日の使用量に多少の誤差があっても、最終的には1週間のメモリを目指して使用していけば、ほぼ理想通りのコスパにおさまります。

適量の目安に困っている人は、一度試してみてはいかがですか?

保湿化粧水10品徹底検証
イプサ / ザタイムリセットアクア
ザタイムリセットアクア
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
SK-II / フェイシャルトリートメントエッセンス
フェイシャルトリートメントエッセンス
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
サイクルプラス / エンリッチローション
エンリッチローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
ディセンシア / アヤナスRCローション
アヤナスRCローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
dプログラム / モイストケアローション
モイストケアローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!

他の保湿化粧水の情報も見る

基礎化粧品カタログ
髪の保湿基礎知識
人気化粧水の使い比べはこちら ホントに保湿力があるのは?