乾燥肌

どんなアイテムを選ぶべきか、注意点は何か、乾燥肌のための保湿方法を解説します!

笑いジワが消えない!お肌のハリが消えていく乾燥肌

「肌がカサカサする」「洗顔後に肌がつっぱる」「肌が粉をふく」このような症状が出たら、あなたは乾燥肌かもしれません。

乾燥肌が悪化すると、肌にハリがなくなり、シワもできやすくなってしまいます。また見た目の問題だけでなく、皮膚に痒みを感じたり、化粧品が沁みるなんてことも。

潤った肌へ戻るためにも、正しいスキンケアを心がけましょう。以下に乾燥肌向けのスキンケア方法を紹介します。

乾燥肌の正しいスキンケア

  1. 洗顔は、できるだけ肌をこすらないように洗います。強くこすると、乾燥が悪化してしまいます。
  2. 洗顔後は、必ずやわらかいタオル優しく水気を拭き取りましょう。
  3. 拭き取り終わったら、できるだけ早く保湿化粧水をつけます。この時、じっくりと時間をかけてしみこませるのがポイントです。
  4. 化粧水がしっかりと浸透したら、特に乾燥する箇所(目元や口元のシワなど)に美容液を塗りこみます。
  5. 冬など乾燥が酷い場合は、コットンに化粧水をつけ5分程度パックすると良いです。
  6. 最後に乳液やクリームを塗ります。乾燥しているからと言って、つけすぎるのは肌トラブルの元。使用する化粧品の適量を守りましょう。

乾燥肌さん向け・化粧水の選び方

乾燥肌の方は、肌が刺激を受けやすくなったり赤味が出たりとトラブルにつながってしまうことも多いはず。

保湿アイテムを使って、しっかり肌を潤すことが大切です。

そんな乾燥肌さんは、保湿アイテムを選ぶ際、以下のポイントに気を付けてみてください。

  1. 保湿効果の高い成分が入っているか
  2. アルコールなど、刺激のある成分が入っていないか

乾燥肌を潤すのであれば、1番気を付けなければいけないのは、保湿成分

配合されているのがどんな成分なのか、保湿力はどうなのかをしっかりチェックしてみてください。

また、アルコールなどの刺激物はお肌の大敵。全成分をしっかりチェックして選びましょう。

乾燥肌さん向け化粧水の使い方

乾燥肌さん向け化粧水の使い方

乾燥肌の人は、コットンを使わず手を使うようにしましょう

コットンが十分に湿らせきれていない場合、コットンが潤いを奪い乾燥させてしまう場合があります。

その危険性を回避するためにも、手を使っていきましょう。 さらにパッティングには注意です。

パッティングをすることで肌を痛めてしまうと、乾燥しやすくなってしまいます。

優しく包み込むような形を意識しながらつけていきましょう。 肌は体調によってコンディションも変わりますが、もしもいつもと同じコスメを使っていて刺激を何度も感じるようであれば製品を変えたほうがいいかも。

だからと言って急に変えるのではなく、できればサンプルで使用感を試してみるのがおすすめです。

保湿化粧水10品徹底検証
イプサ / ザタイムリセットアクア
ザタイムリセットアクア
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
SK-II / フェイシャルトリートメントエッセンス
フェイシャルトリートメントエッセンス
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
サイクルプラス / エンリッチローション
エンリッチローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
ディセンシア / アヤナスRCローション
アヤナスRCローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
dプログラム / モイストケアローション
モイストケアローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!

他の保湿化粧水の情報も見る

基礎化粧品カタログ
髪の保湿基礎知識
人気化粧水の使い比べはこちら ホントに保湿力があるのは?