敏感肌

おすすめの保湿アイテムって? 保湿ケアはどんな点に注意すればいいの? 敏感肌への疑問をまとめてみました!

カサカサ・カユカユ・まっかっか!ツヤもなくなる敏感肌!

敏感肌とは、ちょっとした刺激でも、なんらかの肌のトラブルが生じてしまうお肌のこと。たとえば、普通の人の肌ならなんの影響もないような化粧品にも過剰に反応してしまい、赤くなったり、かぶれてしまったり、かゆみや痛みを感じてしまったりするようなお肌。

また、紫外線や乾燥などに対して普通の人よりも過敏に反応してしまい、肌がカサカサしたり、かゆくなったり、あるいはツヤがなくなったりするお肌のことを言います。

敏感肌の正しいスキンケア

  1. 洗顔料やクレンジングは、刺激の弱いものを使用しましょう。洗浄力が強すぎるものを使用すると、皮脂を洗い流し過ぎてお肌のバリア機能が弱り肌トラブルを起こすことがあります。
  2. 常に保湿を心がけましょう。刺激の少ないワセリンなどで保湿をしたり、また、部屋の中には加湿器を設置したりなどします。
  3. 化粧水や乳液を使う際には、コットンではなく、手のひらで優しく塗布しましょう。間違っても、コットンでこすりながら延ばすようなやり方をしないように。
  4. 化粧水や美容液などのスキンケア製品についても、同様に刺激の弱いものを選びましょう。どの成分が自分の肌に合わないかを、事前に知っておくと良いでしょう。
  5. 実際に化粧水などのスキンケア製品を購入する際には、事前にパッチテストを行いましょう。腕の内側など、目立たないところで行います。
  6. 紫外線対策を行いましょう。日焼け止めローションなどの刺激が、逆に肌を傷めることもあるので要注意。日傘、長袖などで、まずは物理的な対策を考えます。
  7. オーガニック化粧品を信頼しすぎないようにしましょう。天然由来だから安心と一般には思われがちですが、天然成分には、意外に刺激が強いものもあります。

敏感肌さん向け・保湿アイテムの選び方

水分不足の肌では、外部からの刺激に抵抗するバリア機能が低下してしまっています。

通常は感じないはずの、化粧品のわずかな刺激で、肌荒れを起こしたりしみたりしてしまいます。

乾燥肌が酷くなると敏感肌に移行する傾向が強いので、2つの肌タイプはとても似た存在。つまり、敏感肌も肌の乾燥を防ぐことで改善が可能なんです。

保湿アイテムを選ぶ際には、以下のポイントをチェックしてみてください。

  1. 防腐剤フリー(パラベンフリー)・無添加か
  2. 保湿効果が高い成分が入っているか
  3. 数日試してみて大丈夫かどうか

やっぱり、肌に優しいものを選ぶことは必須。

また、何日か使ってみて肌の様子をチェックしてみてください。

敏感肌さん向け・化粧水の使い方

シートマスク

「保湿してもすぐに肌が乾燥してしまう」という声が多く聞かれる敏感肌タイプ。

ぜひ適切な保湿方法を覚えて実践してみましょう!

まず、肌を保湿するときには、単に水分をバシャバシャと与えるだけではNG

潤いをキープする真皮や角質層にしっかりと水分を届けてて蒸発させないようにすることが大切です。

肌への浸透力が高く、かつ潤いが長続きする保湿アイテムを使って、しっかりハンドプレスしてみてください。

それでも乾燥が酷い場合には、化粧水などが浸透しにくいこともあるので、2度付けや保湿パックなどのスペシャルケアをしてみましょう。

保湿化粧水10品徹底検証
イプサ / ザタイムリセットアクア
ザタイムリセットアクア
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
SK-II / フェイシャルトリートメントエッセンス
フェイシャルトリートメントエッセンス
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
サイクルプラス / エンリッチローション
エンリッチローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
ディセンシア / アヤナスRCローション
アヤナスRCローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!
dプログラム / モイストケアローション
モイストケアローション
使い比べレポートを読む 特徴と口コミをCheck!

他の保湿化粧水の情報も見る

基礎化粧品カタログ
髪の保湿基礎知識
人気化粧水の使い比べはこちら ホントに保湿力があるのは?